過剰な安全要求は、安全性に寄与しないばかりか、むしろ危険である


国際放射線防護委員会(ICRP)の罪のページで、『防護のためには、放射線の影響を過大評価をしておけばいい』という安易な考え方が、誤解を生み、現実に大きな弊害を招き、更には人類の将来の選択を誤らせ、環境問題という人類にとって最大の危険を招いているという話をしました。

安全について語る際に、過剰な安全要求は、安全性に寄与しないばかりか、むしろ危険であることに留意する必要があります。ICRPの原罪は、影響を過大に評価し、過剰な安全要求を世界各国に勧告したことにあります。当初、ICRPは良かれと思ってやったのでしょう。世の中の悪事の殆どが良い動機から始まったように。

リスクを正しく知り、それに見合ったバランスの良い安全対策を行うことが大切で、むやみに安全、安全といって過剰な安全要求を行うと、現実には大きな危険を招いてしまうのです。

日本人は真面目なので、小さなリスクに注意を払いすぎ、大きなリスクを招いてしまう傾向があると思います。その例を思いつくまま挙げてみます。


福島原発事故について、世界は『あの日本で原発事故が起こった』と驚愕しました。科学技術に優れ、高い安全文化を持つ日本でも原発事故が起こり得るというのは、ソ連時代のチェルノブイリ原発事故とは違う意味を持っていました。世界のどこでも事故が起こる事を示したと考えられたのです。

しかし、内容を見ると、福島の原子炉が極めて古い設計(電源喪失だけで事故が起こる。最新の原子炉は電源喪失しても放置しておいて安全なように設計されています)であって、米国の内陸に立地していた原子炉をそのまま海辺に持ってきたということが分かりました。米国の内陸で怖いのは竜巻だから、大切な非常電源は地下に設置しますが、日本の海辺で怖いのは津波だから非常電源は高い所に設置するべきだったのです。

そのためには設計変更が必要ですが、原子炉の設計変更というのは、ガチガチの規制のために極めて困難です。また、日本における安全点検業務は、安全に直接関係しない些細な事柄まで多岐に及び、本質的な危険性に注意を払う余裕が無かったのです。

あの日本でも起こった、でなく『過剰な安全要求のために、本質的なリスク対策ができなかった』ためで、『小さなリスクに注意を払いすぎ、大きなリスクを見逃す』日本だからこそ起こった事故と言えます。


食品中の放射能レベルを世界標準の1kgあたり1000ベクレルでなく、過剰な安全要求の100ベクレルあるいは、10ベクレルとする。

1kgあたり100ベクレルという低い値を測定するためには正確な測定器が必要ですし、時間がかかります。そうすると、現実には全てを測定できず、試験をすり抜けてしまうものが出てきます。世界標準としての1000ベクレルだと簡単に測定できて全数をチェックできますが、100ベクレルとすると時間がかかって大変になり、10ベクレルなどとすると現実には全てを測定することは不可能となって、本当に過大な放射能を持っている食品を見逃すことになるでしょう。過剰な安全要求をしたために現実的には危険になる訳です。

世界標準の1kgあたり1000ベクレル以下というのは、普通にいろんな食品を食べ続けて、1年あたりの放射線量が自然放射能レベルの1mSvとなる値です。これを100ベクレルにしても、1mSv毎年が0.1mSv毎年になるだけで、安全性への寄与は全く無いでしょう。極めて過剰な安全要求と言うべきです。


20mSv毎年におびえて、子供を屋外で遊ばせない。家族が別れて関西や沖縄に移住する。

20mSv毎年という線量では、ICRPの直線仮説をとったとしても、それによるガンの発生率は0.1%の増加です(100mSvで0.5%なので。実際には、閾値があって影響なしと断言できます)。一方、リスク評価のできない人々へ その2の表で示したように、肥満は、ガンの発生率を50%高めます。喫煙に至っては、小児の間接喫煙は3.6倍です。つまり、子供が室内にいて、運動できなくて肥満になった、あるいは、そばでお父さんが喫煙していたら、0.1%なんて問題にならないくらいガンの発生率を高めるのです。誇張された放射線リスクのみに対して過剰な安全を求めたために、もっと大きな危険を招いているのです。

過剰避難はもっとガンの発生率を高めます。ストレスによる脳卒中や乳がんの発生率は約2倍になります。家族が別れて新しい土地で生活するストレスは、20mSv毎年の線量など問題にならないくらい、リスクを高めるでしょう。そしてそれは、実際にチェルノブイリ事故の主な被害であり、実際に福島原発事故で起こっていることです。


ひとりの被害者も出さない除染事業に3兆円使い、将来、間違いなく起こり、何万人もの死者を出すだろう、南海トラフや首都圏地震の準備を怠る。

1mSv毎年を目指すという、世界が呆れるような除染目標をたて、除染ビジネスを富ませるだけの無駄な国費を浪費しています。その費用を今後、間違いなく起こる地震対策に向ければ、将来の被災者を何千人、何万人と助けることができるでしょう。具体的には、避難路の確保、避難場所の耐震改造や建設など。

『目に見える小さなリスクのみに注目して、殆どゼロのリスクを更に小さくする』という過剰な安全要求のために、本当に対策が必要な大きなリスクを見逃しているのです。


東南アジアでは問題にならない0-157が、日本で大きな問題になる。

もともと、O-157は弱い細菌で、他の細菌がいると負けるのに、日本は無菌過ぎるのでO-157の繁殖を許してしまうのです。


日本の交通行政。本来、交通ルールには、
1.交通事故の防止
2.円滑な通行
の二つの役割があるのに、日本では交通事故の防止のみが重視される。そのため、『停まっている車が最も安全だ』という事になり、多くの不要な信号器でドライバーのストレスが溜まる。無駄な信号器で何度も止められたドライバーは、横断歩道の歩行者に優しくなれず、交通渋滞の疲れもあって、結果的に交通事故数を増やす。


姑が嫁に過大な要求をする。掃除や料理などについて些細な指摘をして、それが嫁のストレスになって、息子夫婦の愛情に影響を及ぼす。

ひとつひとつの事は気に入らなくても、嫁が息子と仲良く生活し、子宝に恵まれれば、それだけで大成功です。


高所作業で、安全を高めるために安全帯を複数装着しようということになった。

安全帯が邪魔になって作業がはかどらず、追加の安全帯を外し忘れて、事故になった。


現代の日本は、コンプライアンス(法令順守)が叫ばれ、徹底的に「嘘」や「不正」、「偽装」を排除しようとする厳格化が進んでいます。私は、この小さな失敗を許さない『空気』こそが、現在の日本を萎縮させる原因だと思います。

小さな失敗が許されないので、企業は冒険的で画期的な製品が生み出せず、政治は、胆力の座った豪傑が排除され、官僚は、利発で失敗をしない秀才たちが前例を踏襲するだけの行政を行っていて、それらが、日本の発展を妨げている。小さなリスクを許さない風潮が、日本全体の衰退という大きなリスクを招いているのです。


イノベーションは、小さな失敗の積み重ねです。小さな失敗を許す社会でないと、活力が出ず、革新的な技術や、本当に能力のある人は生まれません。薄っぺらい『正義』や『倫理』で、優れた人を潰すことが無いようにしないといけない。小さな失敗を大きく取り上げて非難する現在の風潮では、日本の将来は暗く、大きな失敗に繋がってしまうと思います。