治療日記

English page is here.


以前の日記

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月


2016年4月30日(土)

一昨日から、娘が子供たちを連れて我が家に遊びにきました。

バイ菌の固まりの子供が無菌病室へ入ると、骨髄抑制中の患者の命取りになりますから、子供の無菌病棟への入室は厳禁です。ですから、入院中は娘だけが見舞いに来て、子供たちは病棟外で待っていました。

退院後、白血球が回復するのを待って、久しぶりに孫の2人と一緒に遊ぶことができました。男の子ですから活発で、一時もじっとしてなくて、大変。すっかり疲れました。


写真はフライングディスコというオモチャ。800円で買ったオモチャですが、なかなか良く出来ていて、底面のセンサーで床からの距離を検知して、ドローンのように空中に静止していることができます。

ところが、子供たちに剣で叩き落とされて、短い命を終えました。


そこで、磁石を使った工作をしたり、いろいろな実験をしました。

写真は一円玉を水に浮かべて、表面張力の実験をしているところ。Youtubeにアップした動画はこちらです。



2016年4月26日(火)

お天気がいいので、徒歩で近くの公園まで散歩しました。往復で4kmくらい。

写真は、途中の大学の構内の散歩道です。

道端に、オオアマナが咲いていました。ヨーロッパ原産の帰化種。日本古来のアマナ(甘菜)は見かけなくなったそうです。

赤血球(ヘモグロビン)が徐々に増えてきて、人並みくらいのスピードで歩けるようになりました。



2016年4月22日(金)

通院で血液検査と骨髄検査をしました。

白血球(WBC)は5600、赤血球(Hb)は7.8、血小板(PLT)は25でした。白血球と血小板は、もう通常の生活をするのに十分な値です。赤血球が平常値になるには時間がかかりますが、徐々に増えているので、それももうすぐでしょう。

今後の見通しと方針について担当医と話をして、次の診察は、5月27日(金)になりました。



2016年4月19日(火)

私の担当医は昨日と今日は不在だったのですが、連絡をとってくれて、急遽、本日の退院が決まりました。白血球やヘモグロビンはまだ十分ではないけれど、4/22(金)に通院で血液検査と骨髄検査をして、それでOKなら、晴れて自由の身です。

荷物をまとめて、退院前に、無菌エリアの廊下からお世話になった病室を撮影。

お天気がいいので、窓の外は輝いています。



2016年4月18日(月)

今朝の血液検査結果は、白血球(WBC)は2300、赤血球(Hb)は7.3、血小板(PLT)は、15.6、CRP値は6.21でした。全て予想どおりです。好中球の割合が30.4%(標準は48-61%)とまだ低いのですが、これは血液を作り始めたばかりですから仕方ないですね。

体温は、36.2度と平熱です。体調もすべて良し。

白血球が3000、好中球が1500以上ないと病院を出す訳にはいかないと医師が言うなら、明後日の血液検査の結果を待たないといけないのですが、すぐ近くの自宅で静養するという条件で、明日にも退院を許してくれるでしょう。

ともあれ、5ヶ月に及んだ無菌病室での生活もこれで終わり。今日はゆっくりと病院生活を楽しみたいと思います。


2016年4月17日(日)

ここ数日、少し熱が出て、ベッドに横になっていたのですが、今朝、大量の汗とともに目覚めたら、すっかり熱が下がっていました。

現在は、36.2度と平熱です。自分でも白血球が十分な数(好中球で1000個以上)になってきたのが分かります。

さっそく、パソコンを立ち上げて、いろいろ活動しています。姪に頼まれていた美容室のホームページもすべて完成して、差し替えました。

あとは、退院を待つばかりです。



2016年4月16日(土)

今朝も37度台の熱です。

昨夜、汗をかいて、朝には平熱というのを予想していたのですが、まだ少し白血球が足りないようです。

これまでのデータから予想すると、今日の白血球は1000くらい。大人しくしていれば、熱は夜には下がるのではないでしょうか。


2016年4月15日(金)

今日は朝から37度台の微熱が出て、少し頭痛もします。

今朝の白血球(WBC)は500、赤血球(Hb)は6.1、血小板(PLT)は、5.4、CRP値は3.46です。全て予想どおりです。

明日になれば白血球が増えてくるでしょうから、今日の昼間と夜、これ以上の熱を出さないように、横になって休んでいます。


2016年4月14日(木)

ここ2,3日、夕方になると微熱(37度台の低いところ)が出ますが、朝は36度台に戻っています。

第2回から第5回までの4回の抗がん剤治療の白血球数の推移をまとめてグラフにしてみました。白血球数の初期値によって立ち下がりは少し変わりますが、立ち上がりは殆ど同時です。

抗がん剤投与開始後、20日目に少し兆候が見えて、21日以降に急激に立ち上がります。今回も同じとすると、明日あたり、兆候が見えるかどうかで、来週初めに、立ち上がりが明らかになるでしょう。



2016年4月13日(水)

魔の17日目をどうにか熱を出さずに乗り越えたようです。血液工場が再生して白血球が増えてくるのは、私の場合、20日目くらいですから、あと一息です。

大丈夫かどうかの指標が、CRP値です。17日目あたりでCRP値が増えてくると、発熱が始まります。第2回抗がん剤治療の時は、16日目のCRP値が2近くに上がり、17日目の大晦日に熱を出したのでした。

そして、今朝のCRP値は、0.76。少し高めですが、熱の出た第2回目でなく、熱の出なかった第3回、第4回をなぞっているので、大丈夫そうです。

今朝の白血球(WBC)は300、赤血球(Hb)は6.9、血小板(PLT)は、1.7です。赤血球は大丈夫ですが、血小板が少ないので血小板輸血しました。血小板が不足してあちこち探したようで、やっと夕方に届いて、夜、輸血しました。



2016年4月11日(月)

今日までの推移をグラフにしてみると右図です。

予想どおりの経緯で、今が底。魔の17日目が明後日(4/13)あたりで、それを無事に越せば4/17あたりで血液工場が復活し、退院は4/20か4/21になると思います。



2016年4月10日(日)

血小板が1.5以下に下がって、毛穴の周囲が出血しました。写真は右腕の肘のところと、右顎の下の出血箇所。

これまで血小板が下がった時に、皮下出血がないか何度も調べられましたが、具体的な症状として出てきたのは初めてです。1.5以下に下がったことも初めてですが。


日赤の血液センターに血小板が無くて、昨日の朝に届くはずの血小板が夕方にやっと届きました。すぐに輸血しました。

まだ低い値ですから、頭などをぶつけて内出血しないように気をつけています。



2016年4月9日(土)

昨日の朝、白血球数(WBC)は700、赤血球(Hb)は6.9、血小板(PLT)は1.5まで下がりました。特に、血小板が1.5まで下がったのは初めてです。

これまでの抗がん剤治療では、抗がん剤投与開始後12日目くらいに最初の血小板輸血をしているので、本来は、一昨日くらいにすべきだったのですが、いま、日赤で血小板が不足していて、なかなか手に入らないのだそうです。

昨日、赤血球の輸血を行い、今日は夕方に血小板の輸血をします。それまで内出血などしないように気をつけなくては。



2016年4月6日(水)

白血球数(WBC)は800まで下がりました。

この病院には、8つの無菌病室があって常に満室なのですが、看護婦さんによると、現在、私を除く全員が熱を出して点滴中とのこと。『熱を出さないように頑張ってくださいね!』と言われています。

窓から、この病院の中庭の桜が見えます。今、ちょうど満開。園児たちのお花見遊びも楽しそうです。



2016年4月4日(月)

今朝の白血球数(WBC)は1300、赤血球(Hb)は7.2、血小板(PLT)は6.5と予想通り順調に下がってきています。CRP値は0.08でした。

それにしても、ガンマGTPやASTなど、肝機能や腎臓、心筋などの機能を示す数値が、全て正常範囲というのが嬉しい。血圧も70-115くらいと極めて正常です。いつも定期健康診断で引っかかっていたのは、飲み過ぎ、食べ過ぎ、ストレス有り過ぎだったんでしょうか。



2016年4月1日(金)

昨日の早朝で5日間に及ぶ抗がん剤投与は終了。あとは、骨髄抑制の状態になるのを待つばかりです。今朝の白血球数(WBC)は2200、赤血球(Hb)は7.9、血小板(PLT)は12.5、CRP値は0.08でした。

今回の値をグラフにして、前回(第4回)のものを重ねてみました。同じ経緯を辿るとすると、骨髄抑制は4/6-4/15、血液工場の復活は4/17あたりから、退院は4/19か4/20になるのではないでしょうか。

外では、そろそろ杉花粉のピークも終わり。ひのき花粉が出ている頃でしょうか。でも、無菌病室に入ってから、全然忘れていました



以前の日記

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月



メニューに戻る