○村研究室にようこそ


無菌病室には時計が無く、看護婦さんも腕時計なしでPHSで時間を確認しているので、レーザープロジェクターを使って、時計を床に投影してみました。

これがすごい人気で、担当の違う看護婦さん達も見に来て『これだ、これだ!』『えっ、どうなってるの?』と喜んでいます。


床に投影されている時計を踏まないように跨いで不安定な姿勢をとる看護婦さんもいて、『踏んでも大丈夫ですよ』と言うのですが、抵抗があるようです。

そこで普通に壁に時刻を投影。『これね、深夜に点滴に来る時に時刻が分かってすごく便利です〜』と看護婦さんたち。


他に、皮膚障害を調べるために、赤外線カメラで温度分布を測ったり、ルーペで表面状態を観察していたら、看護婦さんたちの興味を引いて、いろいろ聞いてきました。

その他、腕時計型の酸素濃度計、レーザーキーボードなどにも興味を示します。

私が高解像度スマホ(Xperia z ultra)や、タブレット(Xperia z5)で、雑誌(dマガジン)を見たり、キンドル読み放題で本を読んだり、Huluやdビデオで映画を視たりしているので、『すごく速くて綺麗ですね』という看護婦さん。『処理速度が速いし、Wimax2で繋いでいるからね』、Wimax2は、1ヶ月3000円と教えてあげました。


看護婦さんたちが職業柄、すごく興味をもったのが非侵襲血糖値計。1日4回、指先に傷を入れられて血糖値を測る時に、『うちの研究所では、パーム型っていって、血を出さずに、指を置くだけで血糖値が測れるのが開発されていて、試作品まで出来ている』という雑談をしました。

すると、一人に話しただけなのに話がすぐに広まって、『いつ、発売なんですか?この病院でも入れてくれるかしら?』と聞いてきました。

毎日、何度も患者の指先に傷をつけ血を出して測定している看護婦さんとしては、患者に申し訳ないなあと思っているんですね。『ホント、早くそれになるといいですね』と看護婦さんたち。


大晦日には、テレビ画面を壁一面に映し、紅白を視て過ごしました。『うわあ、こんなのも出来るんですね!!』と、点滴に来た看護婦さん。

高解像度のムービーを流して、音声をBoseのスピーカーで流していたら、『映画館よりすごい!!』と言われてしまいました。


Boseの小型Bluetoothスピーカーを使って、スマホから音楽を流していると、『この音って、どこから流れてるんですか?低音も高音もすごく綺麗』

回診に来た歯科衛生士のお姉さんは、『この空間、すごく落ち着く〜。動きたくない』と言いだし、実際にしばらく無駄話をして帰りました。

大部屋担当の看護婦さんがやってきて、『○村さん、早く大部屋に来てくださいね。みんな楽しみにしているから』と言ってくれました。

『いま、○村研究室に行ってきた』なんて、言っているんですよと看護婦さん。