白血病に関するリンク

English page is here.


研究機関・病院

JALSG:Japan Adult Leukemia Study Grougp:
日本成人白血病治療共同研究グループ。1987年に設立された多施設による白血病臨床研究グループのホームページです。血液内科のある主な病院はそれぞれ担当者を決めて参加しているようです。

日本血液学会
2008年に日本血液学会と日本臨床血液学会が統合されてできた学会です。他の医学学会へのリンクや、患者会情報のリンクなどがあります。

日本造血細胞移植学会:
移植に関する学会で、ドナー登録をはじめ、移植に関する流れなどに関する最新情報があります。

国立がん研究センター
日本のがん研究をリードする、国立がん研究センターのホームページです。『患者・社会と協働し世界最高の医療と研究を行う』という理念のもと高度先駆的医療の開発などに取り組んでいます。

四国がんセンター
四国地方のがんに関する中心的施設。ここで、私の兄と姉に、HLA適合検査を受けてもらいました。


情報収集はここで

がん情報サービス
がんに関する情報が充実しています。

がんを学ぶ
すべてのがんについて、学び、どう乗り越えるかついて、やさしく、かつ詳しく説明されています。

急性骨髄性白血病を学ぶ
上記の「がんを学ぶ」の中で、急性骨髄性白血病(AML:Acute Myeloid Leukemia)の症状や診断、治療法や副作用についての情報を提供しています。

抗がん剤の種類と副作用
抗がん剤について、抗がん剤の名称や商品名ごとに、特徴や副作用を詳しく書いています。

造血幹細胞移植情報サービス
骨髄バンクのドナーと患者の登録サービスです。

がんプロ.com
北陸高度がんプロのホームページの急性骨髄性白血病に関する解説ページです。Wikipediaや各病院のホームページなど、私が読んだ中で、最も分かりやすく、情報量の多い解説でした。リンパ性白血病などの他の解説についても、各執筆担当の医師がきちんと書いていて好感が持てました。


個人のページ

にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
日本ブログ村の白血病に関するブログランキングです。更新Ping送信

TOBYO:闘病記
53000件以上の闘病記・ブログへの闘病ポータルサイトです。急性骨髄性白血病のページへリンクしました。

還暦を過ぎても骨髄移植できました
2006年7月、61才の時に骨髄ミニ移植を受けて、移植後10年が経過。100才を目指して頑張っていらっしゃるCHUさんのホームページです。

私、急性骨髄性白血病です
2013年11月に、急性骨髄性白血病(M2)で入院、その後、2015年7月に再発。2015年11月に臍帯血移植をして闘病中のMIっちゃんのブログです。

白血球が増えちゃった
2008年11月に骨髄線維症(MF)と診断され、その後、慢性骨髄性白血病(CML)も併発。でも、頑張って闘病されている、ちえさんのブログです。


白血病の有名人に関するページ

大塚範一の現在は?
2011年11月2日から体調不良で『めざましテレビ』の出演を休業し、急性リンパ性白血病の治療を受けている大塚範一氏の現状です。闘病記『耐えて、咲く』を出版してます。

渡辺謙 Twitter
1989年急性骨髄性白血病を発症し、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰したが、1994年に再発。再治療を行い復帰した渡辺謙氏ご本人のTwitterです。2016年2月に人間ドッグで早期がんが見つかり、手術して療養中。

吉井怜ブログ [Aquamarin18]
2000年、グラビア・カレンダーの撮影時に急性骨髄性白血病を発症。抗がん剤の投与は4回行われ、退院まで5か月がかかった。2001年7月11日、母親からの骨髄提供により骨髄移植を受けた。血液型がA型からO型に変わった。


メニューへ